中学受験

中学受験に関する商品をご紹介します。 中学受験に関する商品をご紹介します。公立中学校のレベルの低下によって、教育意識の高い親御さんは、私立中学受験を必然のことと考えていらっしゃいます。

中学受験。田舎では公立の中学校にそのまま進学するのが
当たり前で、国立や私立の中学校を受験するのは、親が
よっぽど教育熱心な家庭だけでした。

 

ところが都会では、公立中学校の荒廃ぶりや教育レベルの
低下により、「自分の子供だけはああいう風になってほしくない」と
思う親御さんが急増し、教育熱心でない家庭でも私立中学を受験
することが普通のこととなっています。

 

中学校でどれだけ勉強するかによって、行くことの出来る高校が決まり、
高校のレベルによって、行ける大学が決まってきます。
ということは、中学受験というものは、単に中学の受験に留まらず、
将来の大学受験まで見据えた重要な入学試験だといえます。

 

小学校では、私立中学受験のテクニック・勉強法などは教えてくれません
から、必然的に塾や家庭教師、通信教育といった自分で
学ぶ必要があります。
しかし、塾は友達との遊び場になっていませんか?家庭教師を付けても
さっぱり勉強しないということはありませんか?通信教育はただ取っているだけに
なってはいませんか?
親御さんのお気持ちとしては、お子さんが自主的に机に向かってほしい、
自分の意志で勉強してほしい、と思っていませんか?

 

そこで、今回はお子さんが自主的に勉強してくれるような勉強法を
ご用意しました。全国でもトップクラスの教育のプロが、練りに練って
編み出した勉強法です。これ以上の中学受験用の教材はないと
言っても過言ではないでしょう。

 

また、受験には暗記も必要ですから「記憶術」の商品も揃えてあります。

 

もう一度言いますが、中学受験は、ただの中学入試に終わらない、
ということをよくお考えください。
大事な我が子の、高校・大学、最終的には就職にまで影響する
試験なのです。お子さん自身はそこまでの自覚はないでしょうから、
親御さんが、たとえその時怨まれたとしても、正しい道にリード
してあげるべきなのです。後々絶対に感謝されますから、勇気を
振り絞って心を鬼にして、導いてあげてください。これも親の役目です。

 

何度も言いますが、中学受験は将来への第一歩ですから、先行投資
だと思って、教育費を惜しまないでください。将来お子さんが稼いでくる
賃金が何倍にも変わってきます。非正規雇用がこれだけ増えた時代、
ちょっとでも道を外れると、あっという間にニート・フリーターになってしまいます。
そうならないように、お子さんの将来の夢がかなうようにしてあげてください。
一流大学を出ていれば、大概のことができるようになります。自分の行きたい
会社にも行けますし、様々な職業に就くことも可能です。これは
親御さんも実感しているでしょう。

 

お子さんが志望校に合格し、輝かしい将来への第一歩を踏み出すことを、
心より願っています。

サクラサク中学受験 勉強法
 

↑ここをクリック↑

塾で伸びない子、2つの共通点。
 
塾に行っているのに、成績が伸びない子。その原因は一体何なのでしょうか・・・
 
 勉強量が足りていないから?
 もともとの能力が他の子とくらべて低いから?
 勉強意欲が低いから?
 
・・・いいえ、どれも違います。
塾で伸びない子の特徴、それは2つあります。
 
1つ目の特徴。
 
塾で成績が伸びない子の1つめの特徴、それは、「大量に問題を解いているだけで、まったく身に付いてない」という点にあります。

この状態を脱するには「勉強のやり方」を大きく変える必要があります。

 
大量の問題を解くのではなく、“あなたのお子さんにとって”「いま」必要な問題 を1つ1つ確実に身につけていくこと。
 
つまり、「問題の選び方」と「やり直し」。ここに成績アップのカギがあるのです。
“ でも、その「やり直し」を子どもがイヤがるんです・・・”
そうですね、多くの子どもはやり直しが嫌いです。
なぜでしょうか?
 
・・・その理由は、やり直しがつまらないから。
 
子どもは、同じ問題を2回やる意味が分からないのです。できなかった問題なんて2度と見たくないと思うものです。だから私は、このつまらない見直しを少しでも楽しんでもらうために「お宝ノート」という手法を考えました。
 
これは、間違えた問題のみをノートに書き取っておき、それを何日か経ったときにもう一度学習するという仕組みです。
 
一見、何でもない手法に見えますが、私がこれを、直接 本の中でお子さんに伝えると、やり直しが苦ではなくなります。
 

「なぜ、やり直しが大切なのか」をていねいに説明しますので、多くのお子さんは、やり直しの大切さに気づき、やり直しをしないと損だな、もったいないなという気持ちになることでしょう。
 
そして2つめ。
塾で成績が伸びない子のもう1つの特徴。
 
あなたも薄々気づいているかもしれません。そう、「基礎学力の不足」です。
 
これは放っておけば、どんどん勉強が分からなくなり、塾がイヤになり、勉強嫌いになり、そして何より大切な「自信」を失ってしまいます。
 
基礎力不足。これは土台がしっかりしていない状態で積み木をつみ上げていくようなものです。
 
こんな状態では、授業も分かりませんし、家に帰って復習(宿題)しようとしても、思うように勉強がはかどりません。
 
・宿題に相当な時間がかかってしまう
・成績がある日を境に伸び悩んでいる
・組み分けテストでいつまでたってもクラスが上がらない

 
そんな子ほど、基礎学力が足りていないのです。
 
ではこの場合、どのような対策が必要なのでしょうか・・・?
 
答えは単純明快。
いったん塾と距離を置き、分からないところまで戻って、土台から固めていくのです。塾の授業や宿題に日々追われていると、本当に必要な勉強、基礎からの積み上げができず、悪循環から抜け出せません。
 
まずはお子さんにとって必要な勉強をするための、「時間」と「環境」を確保してあげてください。

一見、基礎からやり直すことは、遠まわりに見えますし、勇気も要ります。
塾をはなれることに対しての不安もあるでしょう。 
けれども、お子さんのためを思えば、これがいちばんの近道なのです。

 

 

http://www.infotop.jp/click.php?aid=247351&iid=28408 

「試験に受かるユダヤ式記憶術」

 
新タイプの記憶術。
 
 従来のイメージ式記憶術を覆す。
 
東大(文T)から東大大学院卒業、
外国語を40ヶ国以上マスターし、
数多くの難関資格に一発合格してきた著者が指南。

 

 中学受験勉強 和田秀樹が教える 中学受験 親のバイブル

中学受験に成功

中学受験においては、親の心構えや受験に関する情報収集能力、そして、子供をその気にさせるテクニックや叱り方など、そういった親の子供への接し方が非常に大切になってきます。
 
子供の成績が伸び悩んでいるからといって、たんに感情的になって子供にあたり散らしたり、遊びたい盛りの子供に勉強させることに罪悪感を感じて、お母さん自身が思い悩んだりしても何の解決にもなりません。
 
子供の成績が伸び悩んだり、親のあなたに気苦労が絶えないのは、今のあなたの子供への接し方や、親としての考え方に原因がある、ということにまず気がついて下さい。
 
親のあなたが変われば、必ずあなたのお子さんも変わりますし、その結果あなた自身が思い悩むこともなくなります。
 
どんなに有名な塾に入れようとも、優秀な家庭教師を連れて来ようとも、親のあなたの代わりはできません。
 
あなた自身が変わらなければ、中学受験に成功することは非常に困難であるということになります。
 
そもそも、生まれて10年ちょっとしかたっていない子供が、親が一切関わることなしに自主的に目的を持って勉強するわけがないのです。
 
そこが高校受験や大学受験と大きく異なるところであり、中学受験が親の受験といわれるゆえんでもあります。
 

そして、なかなか自分の思い通りにならないジレンマによって、親は自分が受験した方がよっぽど楽だ、とさえ思えるのです。
 
そして、つい感情が表に出てしまったりします。
そんなあなたの悩みはとてもよく分かります。
 
本当に孤独でつらいのでしょう。
 
この苦しみばかりは実際に経験した親でなければ分かりません。
でも、苦しくても一人で悩まないで下さい。

 

 

http://www.infotop.jp/click.php?aid=247351&iid=37367 

 子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

「なぜ、同じような家庭環境にありながら、自ら積極的に学ぶ子どもと、
 最後まで勉強にやる気を持てない子どもに分かれてしまうのだろうか?」
 
 しかし、最前線の現場で研究をする中で、あるとき気付きました。
「自ら進んで勉強する子のお母様のやり方には明確な共通点がある」と。
 
現場での指導経験を重ね、自ら進んで勉強する子の母親の行動パターンに注目し研究を続けました。
 何とか再現性のある方法論を作りあげたかったのです。
その結果、時間はかかりましたが、どのお母様も使えて、効果を実感していただける方法論を完成させることができました。
 
 なお、一言付け加えさせていただくと、ちまたの受験評論家の方が、過去の文献やわが子の受験体験だけから導きだしている方法論と、私の方法論とは明確に一線を画すものです。
そういった方法論には、どのご家庭でもうまくいくという再現性の検証が無かったり、現実の生活の問題を無視した理想論に偏ったりしていることがしばしばあるからです。
 そのような机上の方法論は、現実として目の前に悩みを抱え、ここまでお読みいただいている読者の方には興味がないでしょうし、なかなか実践することは難しいと思います。
 
 もしかしたら、“小学生に自主的な勉強など絶対無理”と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、ちょっとした訓練で、3歳児でさえも「静かに集中して自習する」ことができるのです(保育園現場で実証されている話です)。

  しかも、この3歳児たちは、やらされてやるのではなく、能動的に自習に没頭するので、大人顔負けのものすごい集中力を発揮します。
 もし、母親が方向性を間違えると受験生であるお子様を潰してしまうことにもなりかねません。
先ほどの例のような「母親一人が躍起になって、“勉強しなさい”とうるさく言ってしまう」 なども典型的な失敗するパターンです。
 しかし、ご心配は無用です。
私が作り上げた“子どもが自分から机に向かうようになる方法論”はどのお母様にも取り入れていただけるものです。
 
 また、私は「中学受験は母親の受験」だと思っています。
もちろん、父・母・子供の三人四脚で受験は行うものである、という議論も最近はあります。
ただし、その父親の行動・言動を上手にマネジメントすることも母親の役割になっている、というのが多くのご家庭での現状なのです。

 

 

 

  偏差値35からの中学・高校受験 【通信講座】国語の力をぐんぐん伸ばす!!

「勉強しているのに、国語ができない。」
 
実は、そういう生徒は非常に多いものです。
 
「国語さえできれば…」
「あんなに勉強したのに…」
 
国語が大事だということは、みんな知っているのです。
でも、その「大事な国語の勉強方法」を誰も教えてくれない。
 
なので、
「何とか、国語!」
「とにかく、国語!」
となるのです。
 
「よし頑張るぞ!」と思って、国語の勉強をしようにも、

 
学校で教えてくれるのは、教科書の文章だけ。
 
塾に通っても、国語の授業はやってくれない。
やってくれても、学校と同じ教科書の文章をワークを使って解くだけ…
 
そして、国語の先生は、口をそろえて言うのです。
 
「子どもの頃に、たくさん本を読んでおかなくちゃ。」
「やっぱり国語は、読書量で決まります。本をたくさん読ませてください。」
「たくさん読むと、国語力が付きますよ。」
「漢字の練習をコツコツやって、まず基礎固めをしましょう。」
 
確かに、本をたくさん読めば、国語力が付きそうな気はします。
 
でも、その気持ちと同じくらい、無理だよそんなの、という気もしませんか?

 
第一、「子どもの頃、たくさん本を読んでおかなくちゃ。」なんて言われても、
もう子どもの頃には帰れません。
読み聞かせは結構やったんですけどねぇ・・・